14世紀に建設されたプラハのカレル橋がどの様な過程で作られたか3DCGで再現

14世紀に建設されたプラハのカレル橋がどの様な過程で作られたか3DCGで再現した映像。カレル橋とは、神聖ローマ皇帝カール4世の治世下、1357年に建設が始まり、1402年に完成した橋です。橋の長さは515.7メートル、幅は9.5メートルと、当時にしてはかなり巨大な橋。電気も何も無い時代ですが、考えられて作られているのが分かりますね。
Source: 1000mg
14世紀に建設されたプラハのカレル橋がどの様な過程で作られたか3DCGで再現

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする